肩こりには筋トレ!1日5分で効果絶大!これで肩こりにさようなら!

トレーニング

こんにちは、ピュン吉です。

筋トレをして一年以上たちます。最近はめっきり肩こりを感じなくなりました。

突然ですが、ボディビルダーは肩こりをしないって聞いたことありますか。というか筋トレをしている人は肩こりが少ないんです。

肩こりのひどい人は筋トレをしましょう。効果は絶大です。

ボディビルダーみたいになるのは嫌だ。つらそう。しかも平日暇がないし筋トレなんて続かないよ。

ピュン吉
ピュン吉

大丈夫!体も変化せず一日5分の簡単な筋トレで誰でも肩こりを解消できるよ!

今回は簡単に筋トレで肩こりを解消する方法をご紹介したいと思います。効果は絶大です。誰でも大丈夫ですので是非参考にしてみてください。

この記事の内容

本記事では誰でも簡単にできる肩こりの予防方法や解消方法を紹介しています

肩こりになる要因から紐づけて紹介しています

こんな人におススメ!!

・肩こりを治したい人

・肩こりの予防法や対策を知りたい人

・肩こりの原因を知りたい人

下記が目次です。

肩こりには筋トレ!1日5分で効果絶大!これで肩こりにさようなら!

結論、肩こりはすぐに治せます。予防も簡単に始めることができます。

この記事を読んだらすぐに行動に移しましょう。

肩こりの原因を解説

主な肩こりの原因を知ってますか。その原因を解説する前にまず肩こりの原理を紹介します。

肩こりの原理

人間は二足歩行の為、腰や首に負担がかかりやすい。首から肩にかけての姿勢を保つために筋肉が緊張してしまい、血行が悪くなり重く感じるのが肩こり

もともと負担がかかりやすい部位である為、血行が悪くなりやすい事は仕方ないのかもしれません。ですがなぜボディビルダーは肩こりにならないのでしょうか。

それは【僧帽筋が発達しているから】です。

首の負担をダイレクトに受ける筋肉が僧帽筋です。僧帽筋というのは丁度肩を揉んでもらうときにほぐしている部位の筋肉です。

筋肉が緊張してしまう理由として、筋肉がかかっている負荷に耐えられないという事が一番の要因です。

僧帽筋はデスクワークや運動不足で衰えやすい筋肉です。弱った筋肉に負荷がかかり血流が悪くなりと悪循環が生まれやすい部位ですね。

僧帽筋の衰えを防ぐことができたら肩こりは防げるという事が分かりました。

筋肉の緊張を無くせば肩こりも無くなる?

答えはNOです。厳密にいうと緊張を無くすことは不可能です。

生きている以上筋肉は使います。多少なりとも使えば負荷はかかり緊張状態になります。先ほどの通り頭を支えるために普段から負荷がかかりやすいのが僧帽筋です

負担をかけないことを考えるのでは無く、負担がかかっても負けない体づくりを目指しましょう!

ボディビルダーくらいまで発達しないと肩こりは無くならないの?

答えはNOです。ボディビルダーまでは極端すぎます。

肩こりは僧帽筋が衰えるから発症しやすいものであります。その衰えをとどめておけば良いだけです。

ガチガチに発達させなくてもある程度鍛えておけば大丈夫です。ある程度鍛えるくらいでは外見から発達しているなんて分かりもしません。

見た目の変化に影響しないので女性にもおススメの肩凝り予防法です。

簡単にできる僧帽筋の鍛え方3選

さて、本題です。肩こりを解消予防するために簡単にできる僧帽筋の鍛え方3選を紹介します。

一日5分程度で片手間にできる筋トレなのでテレビを見ながらなどで大丈夫です。

では見ていきましょう。

アームリフト

テレビを見ながら簡単にできるトレーニングです。

座ったままでも立ったままでもできますし、大胸筋にも刺激があるので女性の場合はバストアップの効果も期待できます。

やり方は以下の通りです。写真も参考にどうぞ。

アームリフト
  1. 椅子に座って両手の平から肘までぴったり合わせる
  2. 両手の平と肘を押し合い床に対して垂直に上にあげる
  3. 限界まで上にあげたら戻し繰り返す

1日の目安:20回×3セット

これをテレビを見ながらでも毎日行えば肩こりは無くなります。

毎日の継続力で肩こりを改善しましょう!

アームバックエクステンション

これも椅子さえあれば簡単に誰でも行うことができるトレーニングです。

上腕三頭筋も一緒に鍛えることができるので男性の方はたくましい腕を手に入れる事ができます。

やり方は以下の通りです。写真も参考にどうぞ。

アームバックエクステンション
  1. 椅子の腰掛部に腕を伸ばして手のひらをつく
  2. ひざを曲げて肘が90度になるまで曲げる
  3. 元に戻し繰り返す

1日の目安:15回×3セット

簡単そうに見えて意外ときついです。効果は絶大なのでオススメです。

テレビを見ながらできますね。

肩甲骨プッシュアップ

簡単にいうと腕立て伏せです

肩を意識して行うことで肩こりを予防してくれます。

やり方は以下の通りです。写真も参考にどうぞ。

肩甲骨プッシュアップ
  1. 肩を手首の真上に起き腕立て伏せの姿勢を取る
  2. 肩甲骨の間にボールがあるイメージでボールをつかむように肩甲骨を引き寄せる
  3. 腕を45度くらいまで曲げ元に戻しを繰り返す

1日の目安:10回×3セット

※腕立て伏せができない人は膝をついて行ってもいいです。

CMの合間とかに丁度よさそうですね。

時間的にもぴったりです。肩甲骨を意識して行ってくださいね。

最後に

いかがでしょうか。

僧帽筋を鍛えて肩こりとは無縁の生活を手に入れましょう。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました☺

感想やコメントお待ちしております!!

SNSのフォローもよろしくお願いします!(^^)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました