時間の使い方が上手い人になる方法!真似すべき習慣10選

スキルアップ

こんにちは、ピュン吉です。

以前過去記事でこんな事を言いました。

サラリーマンの僕が毎日更新を出来る理由はスケジュールが詰め詰めだから。これが僕の主な平日のスケジュールです😆

5:30起床
5:30〜6:00ブログ
6:00〜6:20朝食、朝の準備
6:20〜7:00通勤
7:00〜8:00車の中でブログ
8:00〜12:00仕事(間の10分休憩もブログ)
12:00〜12:30昼食
12:30〜13:00スマホでブログ
13:00〜20:00仕事(間の10分休憩もブログ)
20:00〜20:30ジムへ移動
20:30〜21:30筋トレ
21:30〜22:00帰宅
22:00〜22:30夕食、就寝の準備
22:30〜23:30ブログ
23:30就寝

控えめに言って、時間を有効に使えていると自信があります。ハードはハードですがそれ以前にしっかりと目的のある時間を過ごしています。

今回は時間の使い方についての記事です。

本記事の内容

・本記事では時間の使い方の上手い人になれる方法を書いています

・優秀な人材がもつ必須要素です

こんな人にオススメ!!

・時間の使い方が下手な人

・優秀な人材になりたい人

・忙しい日常を変えたい人

下記が目次です。

時間の使い方が上手い人になる方法!真似すべき習慣10選

ぶっちゃけ、時間の使い方は誰でも上達します。

身近にいる上手な人の真似をするだけです。

時間の使い方が上手い下手とは

そもそも時間の使い方が上手い下手とは具体的にどういう意味なんでしょうか。

簡単に言うと時間の使い方が下手くそな人はやる事が沢山あるのに空き時間が出来てしまったりします。常に忙しい、時間が無いと言っている人は下手くそかも知れませんね。

逆に上手い人は空いた時間を有効的に使います。5分程度でも時間を見つけて仕事を進める、物事を並行して行う事ができる人は時間が上手く使える人です。

時間の使い方が上手い人の特徴

時間の使い方が上手い人には優秀な人が多いです。時間の使い方が上手い人はどんな特徴があるのでしょうか。

主に以下の特徴を持つ人は時間の使い方が上手いと言えます。

・効率が良い人

・隙間時間の使い方が上手い人

・スケジュール管理がしっかりしてる人

順に解説していきます。

効率が良い人

時間の使い方が上手い人というのは効率が良い人が多いです。そもそも効率が良いというのは物事の手順をより良い方向に考えて行動してるが故に出来ます。

周りにいる効率が良い人も何も考えて無いように見えてしっかり考えてから行動している場合が多いです。

効率よく行動出来るようになれば時間の使い方が上手いと言われるようになります。

隙間時間の使い方が上手い人

時間の使い方が上手い人は隙間時間の使い方が上手です。というか、隙間時間を作らない場合が多いです。

隙間時間にSNSやYouTubeをぼーっと見ている人は時間が上手く使えていないと断言できます。勿論、目的があってのものは別ですが。

隙間時間こそ目的のある行動を取りましょう。

スケジュール管理がしっかりしてる人

スケジュール管理が出来る人に時間使い方が下手な人はいません。自分のスケジュールと時間は似ている所があります。

休みの日にダラダラと過ごしてしまう人ほど時間が上手く使えない傾向にあります。また、予定にルーズな人も同等だと言えます。

遅刻する人などもこれに当てはまりますね。

時間の使い方が上手い人の真似をすべき習慣10選

時間の使い方は確実に真似で上手くなります。上手くなるためには上手い人の習慣を真似するしかありません。

真似すべき習慣10選を紹介します。

スケジュール帳をつける

スケジュール帳をつけて日程を管理するようにしましょう。

いつにどんな予定が入っているか常に可視化しておく事で時間の上手い使い方が身につきます。

隙間時間を無駄にしない

隙間時間に目的のある行動を取りましょう。

24時間という限られた時間を無駄なく過ごすようにして無意味な時間を少しずつなくしていきましょう。

早起きをする

早起きを心掛けましょう。特に休みの日は重視した方が良いです。

早く起きる事で時間にゆとりが持てます。周りが見えれば次に取るべき行動をとっさに取れるようになります。

やる事に優先順位をつける

やるべき事に優先順位をつけて一つずつ消化していきましょう。

身の回りの整理をすると要らないものが見えて来る。これと同じ原理です。優先順位をつけて事を一つずつ終わらせる癖をつけましょう。

それに掛かる時間を計算する

一つの物事にどのくらいの時間がかかるか。頭の中で計算する事を意識してみましょう。

時間の管理はこれをする事で大体が整理出来ます。あとは配分さえ考えれば有効的な時間の使い方が身につきます。

やる事リストをつくる

やる事リストをつくる事で時間を有効的に使えます。

可視化して終わったら消してを繰り返す事で無駄なく時間を使う事が出来ます。次第に癖がつき時間の使い方が上手になります。

自分の時間を優先する

飲み会などの誘いを断るなどの自分の時間を優先する事も時間の使い方に繋がります。

無駄だと思う事を無くすことで自分の有意義な時間を過ごす事が出来ます。

飲み会の断り方はこちらの記事をどうぞ!

朝起きたら日光浴をする

朝起きたら太陽を浴びるようにしましょう。日光浴も時間の使い方の上達につながります。

体内時計をあわせる事で体がスッキリします。スッキリした気持ちの方がテキパキと動けます。日光浴をする事が大切です。

次にやる事を考えておく

何かをする時に大体次にやる事を考えておきましょう。

次の行動を予測しておく事でどう動くべきかハッキリします。ハッキリさせておけば無駄な時間は発生しませんよね。

注意点ですが、考えながらやるという風に捉えないようしてください。ながらは疎かになってしまい逆に時間がかかります。

即行動に移す

悩む時間を作らないようにしましょう。即行動です。

悩みの時間があるからダラダラに繋がってしまいます。思い立ったら即行動が大切です。

簡単に身につけられる方法がある!

行動を真似するとは言ったものの、自分の行動や癖を変えることは簡単には出来ませんよね。

そんな時に簡単に身につけられる方法を紹介します。

脳と視界と行動のトリプルパンチを受けよう!

簡単に時間の使い方を身につけるには頭と体で覚える必要があります。

頭で覚え、視界で情報を入れ、行動で体に叩き込む。この脳と視界と行動のトリプルパンチを受けましょう。


花まる学習会式 12才までに身につけたい時間の使い方

これを見て時間の使い方を頭で学んでください。更に、文字を目に入れる事で視界からの情報を受け取る事が出来ます。あとは行動に移すだけです。

より体に覚えさせるにはトリプルパンチを受ける事が大切です。

最後に:時間が上手く使える人ほど優秀な人材が多い!

いかがでしょうか。

時間を有効的に使える人間になりましょう。実際、僕もこの本を読んでから時間に対する考え方が変わりました。

今回の記事のポイントのまとめです。

ポイント

・優秀な人材になる為には時間の使い方は上手くなければいけない!

・時間の使い方は真似をすれば誰でも上手くなれる!

・トリプルパンチをすると簡単に時間が上手く使えるようになる!

迷ったら目を通すだけでもやってみて下さい!

ではまた次の記事で!さよなら👋


花まる学習会式 12才までに身につけたい時間の使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました