マイプロテインのEAAの味、気になりませんか?

詳しくはこちら

最短でマッチョになる!期間・メニュー・注意点の本質を解説【裏技】

筋トレ

最短でマッチョになりたい・・。
その為の方法を教えて・・。

今回は最短でマッチョと言われるようになる方法を伝授していきます。

誰しもが時間をかけずに筋肉をつけたいものですね。その為に意識すべき期間やメニュー、注意点の解説をしていきます。

本記事の内容
  • 本記事では最短でマッチョと言われるまでの方法を紹介していきます
  • 最短でマッチョになる為に必要な期間やメニュー、注意点の解説
  • 実際に筆者の成長具合も踏まえて紹介します
こんな人にオススメ!!
  • 最短でマッチョと呼ばれるようになりたい人
  • 無駄な筋トレをしたくない人
  • 出来るだけ楽をしてマッチョになりたい人

筆者について(本記事の信頼性)

  • 高校生時代55㎏のガリガリ
  • 就職後筋トレに目覚め三か月で腹筋バキバキ、脱ガリガリ
  • 過去体重55㎏⇒筋トレ後体重75㎏
  • 筋トレ歴2年
  • ジム中心の生活
  • 筋トレに夢中すぎて筋トレ知識オバケ👻

下記が目次です。

最短でマッチョになる!期間・メニュー・注意点の本質を解説

受話器を取る男性

結論から言うと、最短マッチョになる為には最低でも3か月の期間が必要です。


なぜ最短でマッチョ化する為に3か月かかるのか?

なぜ最短でマッチョになる為には3か月必要なので?

筋肉を一度壊し治るまで2〜3日かかると言われてるからだよ!

筋トレ=筋肉を破壊する事。この壊れた筋肉が2.3日かけて修復されていく事で以前よりも太く強い筋肉が出来上がります。

マッチョになる為にはこの積み重ねが大切。各部位の筋肉を壊し、回復を繰り返す事で次第にマッチョ化へと近づきます。

この筋トレ継続の結果が出るのが3か月と言われている為、マッチョになる為には最短でも3か月が必要です。


筆者の肉体の変化の紹介

下記の画像をご覧ください。実際に筆者が1年間筋トレを続けてきた成果です。

筋トレ前後の比較画像

実際僕は一年かかりましたが、大きく体が変化したのが最後の3か月です。

この時に意識したポイントやメニューを行えば、あなたは3か月である程度の成果が出せる事でしょう。


最短でマッチョ化する為のポイント!

ダンベルで鍛える男性

最短でマッチョ化する為には何を意識して筋トレをすればよいのか。以下をご覧ください。

  • BIG3中心に鍛える事
  • 常に限界まで挑む事
  • 一日三食以上食べる事
  • 筋トレ前後の栄養補給を怠らない事

順に解説していきます。


最短でマッチョ化:BIG3中心に鍛える事

最短でマッチョ化には【BIG3】を行うと良いです。何故なら体の大きな筋肉を鍛える事が出来るから。

大きな筋肉を鍛える事は最短でマッチョになる為に絶対に必要な事。体は全体に比例して大きくなっていきます。

前腕だけ太くしたいから前腕のみ。腕だけ太くしたいから腕だけ。これではほとんど効果はありません。

筋トレBIG3で体全体をバランスよく大きくしていきましょう。

BIG3とは

筋トレ界の最強3種目の事。以下の三つ。

  • ベンチプレス
  • デッドリフト
  • バーベルスクワット

BIG3について詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ☟


最短でマッチョ化:常に限界まで挑む事

筋トレは常に自分の限界まで追い込むようにしましょう。これにより筋肉はより強く大きくなっていきます。

下記がNGな例。

NG例
  • とりあえず10回が目安
  • 決めたセットをこなして終わり
  • 余裕があるけど別種目へ

筋肉は自分の限界回数である最後の2,3回で大きく成長します。なので、10回終わっても余裕がある場合はそれは大きな成長は見込めないという事。

毎回のセットを限界値まで追い込む事。例えその回数が5回でも6回でも問題ないです。

とにかく限界まで。これが一番の最短でマッチョ化への近道です。


最短でマッチョ化:一日三食以上食べる事

体のマッチョ化には食事面も大きくかかわってきます。なぜならあなたの肉体を作るのは食事だからです。

オーバーカロリーになることで体は大きくなっていきます。体を大きくする=マッチョ化には大きな関係性があるのです。その為には一日3食以上は必須。

そんなに食べれないし、時間もない・・。

安心してください。食事と言っても「おにぎりとプロテイン」の軽食程度で良いです。例を組みました。

7時頃朝食
10時頃おにぎり+プロテイン
12時頃昼食
15時頃おにぎり+プロテイン
19時頃夕食

これで一日5食。とにかく食事回数を増やしていきましょう。


最短でマッチョ化:筋トレ前後の栄養補給を怠らない事

ここで絶対にNGな事は空腹状態でトレーニングをする事。これを行うと筋トレのエネルギー源を自分の筋肉から補給してしまいます。

これでは筋トレしてもどこかの筋肉が落ちていく。こんな事が当たり前のように起きてしまいます。

筋トレ前後の栄養補給はトレーニングの質を大きく高めるといっても過言ではありません。

  • 筋トレ前➡︎EAA
  • 筋トレ後➡︎プロテイン

これを徹底して下さい。

EAAって何?

簡単に言うと必須アミノ酸の事。筋肉の材料です。

EAAについて詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ☟


最短でマッチョになる為の筋トレメニュー紹介!

マッチョポーズをする男性

繰り返しですが、最短マッチョになる為には大きな筋肉を鍛える事が重要です。そして部位ごとのメニュー。

これを踏まえて行うべきメニューを組みました。以下をご覧ください。

一日目・ベンチプレス
・腹筋ローラー
二日目・デッドリフト
・懸垂
三日目・バーベルスクワット

順に解説していきます。


最短でマッチョ化:ベンチプレス

THE・筋トレのイメージがあるベンチプレス。BIG3の一つでもあるこの筋トレは最短でマッチョになる為には必須種目です。

ベンチプレスで鍛えられる筋肉は以下。

  • 大胸筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋

ベンチプレスについて詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください☟


最短でマッチョ化:腹筋ローラー

誰もが憧れるバキバキの腹筋。その腹筋を一番効率良く鍛える方法が腹筋ローラーを使ったトレーニングです。

腹筋ローラーはお腹の脂肪を燃焼しつつ筋肥大を狙えるという優れものグッズ。3か月後には憧れのシックスパック間違いなしです。

腹筋ローラーについて詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ☟


最短でマッチョ化:デッドリフト

日本語に直訳すると「死の挙上」。全身を一気に鍛えると言われるほどの優れものトレーニングです。

デッドリフトで鍛えられる筋肉は以下。

  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 脊柱起立筋
  • 三角筋
  • 小円筋
  • 大円筋
  • 前腕筋
  • ハムストリングス
  • 大腿四頭筋

上半身から下半身までの大きな筋肉を確実に鍛えることが出来る種目です。最短でマッチョになる為には確実にこなしておきたいメニューですね。

デッドリフトについて詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください☟


最短でマッチョ化:懸垂

懸垂は自重トレーニング史上最強の呼び声が高いトレーニングです。デッドリフトで大きな筋肉を鍛えた後に最強の自重トレーニングで追い込みましょう。

背中のトレーニングは懸垂とデッドリフトで十分。ただし、自分の限界値まで挑む事。これだけを意識してください。

懸垂のやり方について詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください☟


最短でマッチョ化:バーベルスクワット

人の筋肉のうち70%を占めるのが下半身。そこを効率よく肥大させるのはバーベルスクワットが一番適しています。

バーベルスクワットで鍛えられる筋肉は以下。

  • ハムストリングス
  • 大腿四頭筋
  • 大殿筋
  • お尻の筋肉

下半身を肥大させることで体はバランスを整えようと言う働きが生まれます。最短でマッチョになる為にはこの相乗効果も必須です。

バーベルスクワットのやり方について詳しく知りたい人は以下をどうぞ☟


最後に:最短でマッチョ化する為には毎日の継続が重要!

細マッチョな男性

いかがでしょうか。最短でマッチョ化にはトレーニングメニューや栄養摂取がとても重要な要素となっています。

自分の限界値までトレーニングを行えば確実に体はマッチョへなれます。では今回の記事のポイントをまとめます。

ポイント
  • トレーニングはBIG3を行うべし!
  • 大きな筋肉から限界回数のトレーニングを行おう!
  • 筋トレ前後のサプリや食事回数にも力を入れよう!

三か月で体を変えるのは可能です。やるかやらないかはあなた次第。

以上、筋トレ副業ブロガー:ピュン吉(@phunkichi_blog)でした。InstagramやYouTubeチャンネルでも筋トレ情報を流しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました